ノック・・・。

昨日は午後から4周年のプレゼントセッションで四間道のカフェへ。

待ち合わせのカフェに向かう道すがら・・・

帰りに寄ろうと感じた小さな神社がありました。

実は帰り道にそこで素晴らしいギフトを受け取りました。

神社のベンチに腰をかけ、Eさんのショートストーリーの朗読。

『ノック』という名のそのショートストーリーは
転機の時にどこか懐かしいお婆さんが現れては楠をノックするというお話。

心地よい声色と共にその話が鮮明にイメージでき
物語の結末を聴き終えた後、感動と感謝で涙が溢れてきました。

梅雨時期の晴れ間、気持ち良い風が吹く神社の楠の下で
私のためだけに物語を読んでくださるというなんとも贅沢な時間。

こんなプレゼントを頂いたのは初めてで
一生忘れられない素晴らしい時間になりました。

人は転機の時に必ず次なる扉が見えてくると私は感じています。

その扉は心の中にあって、ノックするのも開けるのも自分にしかできない事。

その扉の向こうに何があるのか全く見えなくても
開けても開けてもまた新たな扉が人生の中で現れてきても
扉が見えたならノックして開けようと歩みを進めることができるのは
内なる子の好奇心・冒険心のおかげ!

そして不思議と怖いにもかかわらずその扉を開いて後悔した事はないのです。

必ず扉の向こうにはそれまでより幸せな自分がいるから・・。

そんな事を思い出させてくれる素晴らしいストーリー。

そしてお土産にいただいたのがその「内なる子」を思わせる
可愛い「スマイルクッキー」

このEさんのチョイスにも感動でした!

仕事を通じて素晴らしい出会いが多くなると共に
その扉を開くきっかけや次に進む勇気も皆様に育てて頂いている気がします。

そしてここからもただ動くのではなく
魂の方向を見定めながら進んで行けたら・・・。

それがどんな道でも必ず幸せに繋がっていると信じて。

その扉を開けて進んだ人にしかわからない大きな流れとギフトが必ず用意され
それを二人とも受け取りながら進んでいることも確認できてよかった!

なんだかプレゼントセッションの何倍もの喜びを受け取った気分です!
Eさん、本当に素晴らしい時間をありがとうございました。

 

<M’s essenceのメニュー>

個人セッションはこちらから

オンライン・マインドフルネス・クリエイティブカフェはこちらから 

 

 

関連記事

メールマガジンの登録はこちら

PROFILE

 

正看護師・第1種安全衛生管理者
ヘルスカウンセラー・ソーシャルスキルコーチ

 

Click

 

PAGE TOP