心も体も大切だから・・・

9月に入り、新しく継続セッションを開始する方が続いています。
そして次の日曜日は新たな継続セミナーも開始!

今週は新学期の始まりのような日々を送っています。

 

 

 

私は自分から継続アプローチをお勧めすることはあまりありません。

心へのアプローチは人から言われてでは共依存的になりやすいことと
ご本人が意図する動機から全てが始まると思っているからです。

もう一つは自分に向き合うということを
「困った時の神頼み」的な捉え方をして欲しくないから・・・。

その場しのぎで騙し騙し自分を扱っていると
いざという時になって解決にかなり時間と労力をかけることなり兼ねないからです。

そういう会社員の方たちを経年的に見てきたからこそ
予防的な観点からも自分の体と心を観察したり向き合える意識は
何もない日頃から育てておいたほうが良いなと感じるのです。

そして私の継続フォローの特徴としては
「心だけで捉えない」ということが一つ挙げられます。

それは勿論企業の健康相談室で心と体の両面を見てきたからこそなのですが
全体性という観点を大切にしています。

例えば、メンタル的な症状をいくつか伝えられても
その他の身体症状や既往歴も加味しながら、
最初からメンタルクリニック受診はお勧めしていません。
(最初からは敷居が高くて拒否されることも多いので)

これも延べ数千人以上の面談経験から得たものなのですが、
症状のヒアリングの中から見ておいたほうが良い検査項目が上がってくるので
可能性として考えられる事は専門医受診で検査してもらい
確認をしてから様々な心のアプローチをしていきます。

なぜなら、潜在的に疾患を持っている場合はコントロール不良が原因で
心へのアプローチが上手くいかないことが多いという経験を経て

一人で抱えず、他職種連携を大切にすることも心がけています。

なので疾患が見つかれば、治療を進め経過を見ながら心へのアプローチをしています。
(心へのアプローチが出来ない場合はそのこともきちんとご説明します)

 

継続セミナーでも初回にまずは心と体の関係性と
ご本人の最近の健診結果を持参していただき

起きていること、物事の捉え方、様々な検査データと症状を見ながら
それぞれの方へのアプローチを考えています。

現在の継続セミナー受講者さんも、定期的な治療ができていない疾患については
まずはその受診・検査・治療をしてもらうことから始めました。

体へのアプローチがちゃんと行われるだけで、
気持ちの安定度が増し、自分と向き合うことも姿勢も変化し始めるのです。

ある方はセミナー開始3ヶ月ぐらいで急に検査結果の変動(改善)が見られ
主治医からの指示で専門医受診し、慢性疾患の内服量を減量し始めています。

こんな風に心と体の両面を捉えていくことで
本当の意味で「自分を大切にする」ということを理解していただきたいのです。

今週もお二人の方に婦人科受診ともう一項目お願いしたい検査項目を説明して
医師に伝えてもらうようにお願いしました。

そして健診を受けていない方は、受けていただくようにお伝えしました。

その結果を見ながらあと5回の個人セッションをしていく予定です。

心と体が繋がっているからこそできるアプローチがある。

それは内服だけで検査値をコントロールしていた
今までの医療にもう一段階踏み込んだアプローチなのですが、

ここができるようになると、社会的な医療費の削減も可能になり
メンタル疾患や成人病予防もできるようになってくると思っています。

製薬会社や薬を多量に処方したいドクターからは嫌われるかも知れませんが(笑)

気にしません、それが私の信念でもあり使命ですから・・・。

さて、今週末の継続セミナーまだお席が空いています。

心と身体の両面で一度ゆっくり自分を振り返りたいなと感じている方、
そして遊び心やイマジネーションも楽しみながら取り戻す時間を過ごしながら
本当の意味での自分らしさとは何かをご一緒に考え直してみませんか?

今晩がお申し込み締め切りです。

ピンときた方は是非ご参加くださいね!

9月8日開始 週末コース募集中(残2名)
クリエイティブライフ継続セミナーの詳細お申し込みはこちらから

 

個人セッションの詳細・お申し込みはこちらから

 

アロママインドフルネス・クリエイティブカフェ
詳細お申し込みはこちらから

関連記事

メールマガジンの登録はこちら

PROFILE

 

正看護師・第1種安全衛生管理者
ヘルスカウンセラー・ソーシャルスキルコーチ

 

Click

 

PAGE TOP