穏やかな時間

昨夜はダライ・ラマの主治医Dr.バリーの瞑想&プラクティスにオンラインで参加しました。

インドと日本でもWi-Fi環境さえ整っていれば全然苦にならず深く穏やかな時間を過ごせました。

Dr.バリーとの時間はこれで2度目。

2年前は医療者向け瞑想セミナーで、脳の構造やアメリカでの瞑想実戦の医学的な調査結果や
アメリカは既に大手企業が数多く瞑想のセルフケア研修をしている報告などの
今回とは少し趣きの違う時間でした。

ちょうど4月のクリカフェの中止をご連絡した後、オンラインで瞑想会をしようかな〜?
すべきなら何かシンクロやメッセージが来るかな〜と考えていたら

本当にそれから3時間ぐらいでこの瞑想会のお知らせメールが届いてびっくり!

しかも2日後にやるという急なお話(笑)

でも、何か導かれている感じがして
主催する側ではなく、参加する立場でオンライン瞑想会を体験できる事で
自分が何を提供できるかも具体的に感じられるなと思い即決で申し込み。

結果として参加してよかった!

というかこの時間もまたちょっとした奇跡があった。

本来予定は45分のはずが・・・なんと2時間の会に!!!

それには実は理由がありました。

この瞑想会前日にダライ・ラマが急にプラクティスをすると皆を集めたらしく
そこでダライ・ラマから授かったいくつものプラクティスを
Dr.バリーは私たちにも体験させてくださったのです。

Dr.バリー曰く、ダライ・ラマが急にプラクティスを開催するの珍しく、
しかもこの瞑想会の前日にあったというのはシンクロだと話していました。

ダライ・ラマの数々のチベット密教の神々のマントラを唱えながらの瞑想や
それを聴きながらの時間だけで1時間半が過ぎていました!
自分に集中し、深い世界と一つになる特別な時間をいただけた事に本当に感謝です。

プラクティスを終えた後の当初の予定の瞑想が一層深い時間となりました!

この最後の瞑想はオンラインクリカフェでも皆さまにお届けできるなあと考えている自分に気づいたので(笑)
オンラインクリカフェ(誘導瞑想会)はやる方向で動きます!

この体験を戴きながら、やりませんはあり得ないですよね(笑)

ところで、このダライ・ラマのプラクティスの中で懐かしい名前を耳にしました!

その名は『グル・リンポチェ』
チベット密教の開祖でブータンに仏教を伝えたと言われる方で

3年前ブータンのパロの大祭のご開帳をマントラを聴きながら思い出していました。

当時退職して全てリセットし、流れのままに全く未知数の人生を歩み始めた春でした。

 

中央に鎮座しているのがグル・リンポチェ。このトンドルの御開帳は年に一度で
夜明け前から出発して現地でこれが開かれていく景色は圧巻でした!

後でこの写真を見直したら、このトンドルのご開帳の日はこの瞑想会と同じ4月11日でした!

面白い偶然!

しかも丁度、前日のお片付けで仕舞い込んでいた懐かしいブータンの手織りの敷物にエネルギーを感じて、大好きな香炉の下に敷いたばかりというのも不思議。

この濃厚接触写真も懐かしい(笑)

 

道化神の「アツァラ」は人々に笑をもたらすだけでなく、
滞りなく物事を進めるための隠れたサポーター役でもあります。

奇しくもパロの大祭のご開帳と同じ日にダライ・ラマからのグル・リンポチェのプラクティスを受け取ることができた時間。

こんな騒動の最中にあっても、世界のどこにいても、必要なものはちゃんと受け取れる。
そんな事を感じた時間でもありました。

「不足感」を感じやすいこの時期ですが、必要なものは全て在る。
プラクティスから受け取った『過不足なく在るエネルギー』を皆様にもお届けしていきたいと思います!

どうぞお楽しみに!

 

<M’s essenceのメニュー>

個人セッションはこちらから

  

 

関連記事

メールマガジンの登録はこちら

PROFILE

 

正看護師・第1種安全衛生管理者
ヘルスカウンセラー・ソーシャルスキルコーチ

 

Click

 

PAGE TOP