心残り…

今日は朝から大阪へ。

いつもなら朝ごはん食べてから出かけるんだけど、今日はそんな気分じゃないなとリンゴ一切れかじって出かける。

歩いてたら、ふとクロワッサン・アマンドを食べたい!と浮かんできて…

乗り継ぎの時間あまりないから買いに行かないかなあ?と思ってたら、もう1本前の在来線に乗れてパン屋に行けた!

新幹線の中でクロワッサン・アマンドとコーヒーを頬張ってたら、今年始めに30年振りに会った後輩との会話が蘇ってきた。

「先輩、ご主人の事愛してますか?」

突然のど直球の質問!

「え?なんでいきなり?」と返すと

「僕、子どもの事は本当に愛してるなあと思うけど、奥さんの事はそうは思えないんですよ」と

お酒は入ってるけど(笑)あまりに素直で正直すぎる言葉にちょっと面くらい、

「そうだねぇ、夫と子どもへの愛って違うかもねぇ、夫と言われると確かに微妙かもねぇ」と私も素直に返してみた。

「最近このままで良いのかなあって良く考えるんですよ。」と敢えて目線を外して真っ直ぐ前を向いて語る彼の姿、ちょうど他の人から声かけられて話しはそこで止まってしまった。

私は仕事柄、男女問わずこんな話しは良く耳にしているけど、本当にこの思いに正直に向き合う人は少なくて、このシンプルな思いに向き合わない様に他の事を起こして向き合う軸を歪めている人も多い。

そして何かで紛らわせて時だけが過ぎる。

30年振りに会った私にこんな素直な思いが呟ける彼がとても素敵だなあと感じた。

仕事も大忙しの彼は外から見れば恵まれていて幸せなのだろうけど、流されずに自分の気持ちに気付いている

あれから30年経つけど、昔の真っ直ぐな姿は変わってないなと感じながら、

あの後話を深めてたらどうだったかな?

別な人から話しかけられてちょっとホッとしたかもしれないと思ったのと同時にもう少しこの話を深めたかったなと思ってた事に気付き、私の中に少し心残りがあるのを思い出した朝でした。

関連記事

メールマガジンの登録はこちら

PROFILE

 

正看護師・第1種安全衛生管理者
ヘルスカウンセラー・ソーシャルスキルコーチ

 

Click

 

PAGE TOP