一生懸命って恥ずかしい?

ここ最近在宅ワークが多くなり家で過ごす時間が増えて
なんだか時間がゆったりと過ぎているのを感じています。

ゆったり過ごす時間からは思わぬ産物が生まれます。

私の場合はそれが閃きであることが多いのですが。

いくつかあるのですが、その中である事を早速行動に移しています!

その名も『心の扉を開くお片付けプロジェクト〜!』

閃いたことを閃いたままノートに書き取って実行に移し始めました。
また皆様と一緒に動いていくと集団意識の向上で面白いかなと感じたのですが
今回はそこにすぐに動くのはストップが・・・

何事もまずは自分からという事で!

簡単に言うと、家の中のいつも隠れて見えないところに光を当てていき
そこから自分が何を感じたり、思い出したりするか
またどう動きたくなるのか、自分を感じ観察していく時間を過ごしています。

ただの断捨離や整理整頓ではありません。
ノウハウも知恵も入りません。
もちろん片付けない日もありの時間です。

4月2日から初めて今日で4日目で昨日メルマガでもお伝えしたのですが、
メルマガ読者の皆様のメールからもうシンクロが起き始め、いろんな気付きも生まれ始めました。

なるほど、私が始めたところからもういろんな繋がりや動きが起き始めている!それを理解できてからみんなと共創ということですね!

という訳で、その一つを今日はご紹介。

プロジェクト3日目。

昨日はオーブンレンジとトースターを置いてある空間のお片付け。

放置していたトースターの扉ガラス部分がパン屑などで汚れ、油汚れとも重なり、少し落ちにくい汚れがありました。

セスキ湿布してその後擦っているうちに自分の思考が呟きました。

「この位でいいかな?」と。

ん?その瞬間動きが止まりました。

まだ汚れは落ちきっていないのに、もうこれ位でいいって?

再度自分に問いかけてみました。
『本当にそれでいいのかな?』

すると「本当はピカピカにしたいけど、この汚れもう落ちないかな〜?」と感じている自分がいました。

「この位でいいかな」という自分の思考の動きに気付き
どこかで諦めたり、最後までやりきってない感じを他でもこれやってるかもと感じました。

それに気づくと中途半端に違和感があり、もちろんピカピカに磨き上げました!

仕上がりだけでなく心の癖にも気づけて気持ちよさ倍増!

それが『いつもの反応』になっていないか?『本当の気持ち』なのか?

これからも折に触れて『本当にそれでいいの?』という問いかけを自分に投げかけようと思えました!

そして実はこの後、更なる浄化となる出来事が今日起きて来ました。

先月関西から個人セッションに来て下さった方が、心に留まった記事をシェアしてくれました。

この記事の中で一生懸命というのは恥ずかしいことではないというのを目にして

思わず高校時代のある出来事が浮かんできました!

それは高2の体育の授業での出来事。

私は短距離走が大好きでその日は50M走のタイムを計っていました。

思いっきり楽しんで一生懸命走った記録は忘れもしない6.3秒。
今までの自分の記録の中では最高でした。

すると、一緒に走ってた幼馴染みが走り終えて列に戻っている時に
聞こえよがしに「一生懸命に走ってダサっ!」と私に言って通り過ぎていきました。

一瞬の出来事でしたが鮮明な記憶として蘇り、記憶を辿っていく内に涙が溢れて来ました。

『一生懸命のどこがダサいのよ。走るの好きだし、記録は素直に嬉しいよ!』

今の私ならきっと伝えることができたでしょうが、通り過ぎる瞬間にかけられて何も言えず終わっていた自分の悔しさや悲しさがそのままでした。

そしてあれ以降、私は自分に対してどこかで「力を出すこと」を加減する様になっていたかもしれません。

誰かに何かを言われるのが怖かったから。

そして昨日の掃除の時に感じた『この位でいいか』という思考とリンクしているとわかり、この小さな記憶が自分を縛ってた事が腑に落ちて涙とともに体の力が抜けたのがわかりました。

この心のプロジェクト、実は30日間やる予定。
こういう時期だからこそ、起きてくる事に流されず本質を見つめ直すチャンスと捉えて!

どんな日々が生まれてくるのでしょう〜!

干物女っぷりを曝け出す事になりそうですが(笑)
ブログでもその心の変遷を綴っていけたらなあと感じています。

 

<M’s essenceのメニュー>

個人セッションはこちらから

アロママインドフルネス・クリエイティブカフェはこちらから  

 

関連記事

メールマガジンの登録はこちら

PROFILE

 

正看護師・第1種安全衛生管理者
ヘルスカウンセラー・ソーシャルスキルコーチ

 

Click

 

PAGE TOP