Customer’s Feedback

子どもは共に成長できる大切な存在!

働くお母さんの子育てについてのご相談はとても多いのですが、

先日の東京での個人セッションでもお子様との関係性や
習い事やお受験などの教育方針などについてのご相談がありました。

セッションを受けていただいたHさんからその後の変化やご感想をいただいたので
ご本人の承諾を得てご紹介いたしますね。

セッション後にすぐに息子さんにアプローチされて早速ことが動き始めたようですね!

周りに流されずに、息子さんの望むことをさせたいというHさんのしっかりした思いがあり
これまでも息子さんの気持ちを尊重されているのがお話を伺いながらとても伝わってきました。

話を伺う中で、ふと私の長男の小さな頃の姿が浮かんできて
長男が公文を習うまでの経緯についてお話をしました。

そして、Hさんの息子さんも「公文」だったとは驚きでしたね!

 

私は子どもは自分でやりたいことが分かっていると思っています。

それを親は日頃の子ども姿を観察したり
子どもの話を聞く時間を大切にすれば
自然な流れで彼らは意思表示をするはずで
それをママ友との付き合いや
自分のやりたかったことや不安や恐れを投影して
子どもの時間を奪わないことが一番大切だと感じています。

これは、親に観察力や洞察力、忍耐力がないと難しいので
私もいろんな情報に揺れながらも、高校卒業して親元を離れるまで
いつも子どもと話をしながら子どもと私自身の心の奥の軸を確認していたのを思い出します。

Hさんとセッションする中で、ご自身の感情を解くのが大切だなあと感じ
セッション中に、文章を書くのが好きそうなビジョンが見えていたので
まずは感情を言語化して表に出せるように、感情ノートをつけてみることをお勧めしました。

これも早速実行してくださり、
あくまでも、気持ちを引き出そうとか、引っ張り出すことなく
自然と溢れてきたときに書くことをお勧めしました。

とても感性の鋭い方なのですぐに自分の方法をキャッチされたようで良かったです!

感情を素直に表現される息子さんがそばにいてくれることで
ご自身を見つめ直すきっかけも生まれているようですね。

このあと、公文がとても楽しかった様子とのご報告をいただきました。

習い事はあくまで子どもの「楽しい」や「好奇心」が最優先です。

時には、子ども自身が思うように進まないことがあり、気持ちのアップダウンも見ることになるでしょうが
その時も、またお話を聞いてあげてくださいね。

子どもは自分で選択する力をちゃんと持っているはずですから・・・。

私たちの心の奥が自分の人生の流れを全て知っているように
子どもたちの中にもまた進むべき方向性はちゃんとあるのです。

親はそれをいかに観察し、表現できる環境を作り、受け止め見守れるか・・。
(如何に「良かれ」というコントロールを親自身が見つめられるか)
それだけなんだろうな・・・。

私の場合、結果的には子どもたちに私が大いに『忍耐』を育てられたなあ・・。

今、子育てを振り返るとそんな気がしています。

Hさん、ご感想ありがとうございました!

息子さんと向き合いながらご自身の気持ちもどんどん表に出していってくださいね!

M’s essenceのメニュー

名古屋開催

個人セッションの詳細・ご予約はこちらから

各種セミナー・ワークショップ


《アロママインドフルネスワークショップ》
7月参加受付開始!

クリエイティブカフェの詳細・お申し込みはこちらから

無料メルマガ
「本来の自分に戻る 楽ちんLifeレッスン」
ご登録はこちらから
ダウンダウンダウンダウンダウンダウン