Customer’s Feedback

いろんな向き合い方があっていい

実は昨年10月から個人セッションで新しいコースを始めました。

アロママインドフル・ネスクリエイティブカフェで実施している誘導瞑想を
個人向けにしたクリエイティブメディテーションコースです。

始めるきっかけは、ある日のクリカフェの参加者がたまたまお一人になった事。

一人だから開催しないという選択肢は私の中にはなく、そのままお一人様で開催しました。

この日の誘導瞑想が私の中でいつもの感覚と明らかな違いを感じ
「こういう時間もありだな」と感じたのですが
それをメニューにしようという発想はありませんでした。

しかし、その直後から目にするテレビ番組の出演者の言葉にこの時の体験が想起され、
やってみないとわからないという連呼や
仕事は思わぬところから降ってくるという言葉に心がすごく反応していることに気付き、
こんな時には素直に動いてみようということでこのコースを始めてみました。

あれから今月で継続の方は4回目になったのですが
明らかに面白い変化やシンクロが起きて来ていることがわかって来ました。

このコースは話を聞くのは最後、呼吸法、筋弛緩法などから徐々に副交感神経優位にしていき、最後に即興でその人仕様の誘導瞑想を20〜30分行います。

最後にその日の瞑想から受け取ったイメージやそれと現実とリンクする問題などをシェアしていきますが、これが話を詳細に聴かなくとも内側から湧き上がるもので十分に今の問題などに自然と合致していたり、気付きにも繋がっていきます。

いわゆる今までのカウンセリングやコーチングの様に問題を深掘りしなくても良いこと。

自分が問題と感じていることと、心の奥が向き合いたいことの違いに気付け、
無意識下で気付けていない問題に気付けること。

深い自分と繋がり内なる理解が自然な形でできてくることで体の症状緩和のヒーリング効果も複数の方で見えて来ました。

先日も以前個人セッションを受けてくださったHさんからこんなメッセージが・・・
(ご本人の了承を得てご紹介しますね)

問題を深掘りして問題解決を意図しなくても、自分の内側は自分に今どんな気付きが必要なのかを知っているということ。

「お願いして寝る」というのは、自分一人で頭で考えすぎたり頑張るのをやめて、ちょっと睡眠時の自分の内側の力にも任せてみようということです。

『解決したい、解決しよう』という思いが、逆に執着や緊張を生みだして自然な気づきや流れを妨げてしまっていることを教えてくれているなあというのをここ3ヶ月ほどの中で感じています。

その問題の本質を見るために必要なのはまず力を抜いて少し立ち位置を変えてみること

その日、答えが出なくてもよくてその問題から一時的に頭を離すことで次回の時には不思議な流れで解決していたこともあります。

また瞑想に苦手意識を感じていた方が、始めて体の感覚がなくなる経験を味わえたり、
緊張が解けていくことでシンクロが起きやすくなっているのも皆さんに共通していると感じます。

・頭で考え過ぎてしまいがちな方
・いろんなことに拘りの強い方
・緊張や不安の強い方
・自分と向き合うことに恐れのある方

にはオススメのコースです。

私自身もこれを始めてから気付きや現実化が早くなっていること、シンクロで流れを確認しながら動けているのを感じ、自己信頼感は以前にまして高まっています。

また他にもご感想をいただいているので、機会をみてご紹介していきますね。

 

『自分と向き合うという概念を変えていく

既成概念を超えて自分の中の可能性を開くことで、ご縁ある人の可能性も開いていく。
今年はこんなことも少し意識して動いていこうと思います。


<M’s essenceのメニュー>

個人セッションはこちらから

アロママインドフルネス・クリエイティブカフェはこちらから 

クリエイティブライフ継続セミナーの詳細・お申し込みはこちらから 

ソウルビジョンマップ1dayセミナーはこちらから
(残1席)