Customer’s Feedback

ソウルビジョンマップで自分と繋がる!

『自分を大切にする。』

これは自分が喜ぶことをするだけではありません。

時に自分が苦手とする人間関係や状況の中で真実に基づいて毅然と行動することも含まれます。

東京で初めて開催したソウルビジョンマップセミナーの翌日、
今までなら「仕方ない」などと諦めていた自分を返上し、
違う自分を表現できたという嬉しいご報告をいただきました!

 

 

 

 

東京のソウルビジョンマップセミナーは名古屋の年末年始に開催した特別企画と同じバージョンで
アロマ誘導瞑想から深い自分にアクセスしてのマップ作り、
そこから「みんな会議」と称してお一人お一人のマップの中にあるメッセージを読み解いていくワークをしていきます。

嬉しい報告を下さったHさんは自治体に勤務し、地域の皆様のサポートされている方です。

Hさんのご了承をいただき、その変化をご紹介させていただきますね!

セミナー翌日出勤すると、彼女がその前の週に不在にしていた時に起きたやりとりの中で
思い込みで事が進められ誤解を生みかねない状況が起きていたようでした。

その誤解を生むきっかけとなった上司はHさんに取って苦手な存在の方でした。

彼女はまず関係者に誤解の無いように事実に基づいた情報を改めて伝え直しました。

本来ならここまでで、苦手な方へは何も言わずに「貝のように小さくなる」自分でいたようでしたが
その日は前日作成したビジョンマップの事が思い出され、

『何故かここで負けたら自分に失礼じゃない』と思えたようです。

そこから苦手な方へ経過の報告・確認をしていきましたが、案の定、その方は自分は関わっていないと逃げる態度を示したそうです。

日頃からそんな態度の方なのでどこか諦めていたのでしょうね・・・。

でも、その日のHさんは毅然と「話を逸らさないでください」と伝える事ができたようでした。

いつもなら何か起きても諦めて「貝になっていた自分」を返上し
『貝を開き』毅然と真実に基づいて大切なことを伝えられたのです。
そんな自分にHさんはこんな風に感想をくれました。

自分の中にあった今までの価値観がみんな会議によって書き換わっていく事があります。
これがみんな会議のグループダイナミクス効果なのです。

それにしても「自分に尊敬の気持ち」って自己信頼の証の言葉!素敵ですね!

「こんな自分でもいいんだ」と許せる事、そしてその自分を認めて表現できるようになれば
もっと人間関係は楽になり、人生の質も向上します!

彼女の表現の中に出てきていた「貝」、実はこれは象徴的にビジョンマップの中にいろんな形で現れていたのです。

そのことについて「みんな会議」の中でも話題が上がっていたのを私も思い出しました。

閉じているものと開いているものがある。

その閉じている部分に彼女自身が早速気づいて行動に移せたようでした。

それを翌日の日常の中ですぐに自分の中でピンときて今までとは違う意識から行動できたことって素晴らしいですね!

そんなとっさの判断力や素直さもHさんの中にある能力の一つなんだと感じました。

そういえば使っていない能力があるってことも「みんな会議」の中で言葉にされていましたよね。
自分では無意識に呟いていた言葉の中にHさんのこれからの変容に大切な言葉がたくさん散りばめられていたのを思い出します。

Hさんご紹介させていただきありがとうございます。
そしてなかなか東京で開けずお待ちいただいていたセミナーにご参加いただけて私も嬉しかったです。

今のお仕事以外にもたくさんの才能をお持ちで、ここからご自身をどんな風に表現されていくのか
私もこれからのHさんの変容がとても楽しみです!

ソウルビジョンマップはいろんな視点から自分に気づける不思議なマップです。
よくあるドリームマップとは一線を画しています。

Hさんのおっしゃるように継続セミナーではこれを毎月作成して、「自分会議」、「みんな会議」をしていくことで
自分との繋がりが深まり、直感力も高まり、そして何より後で振り返ってもいろんな気づきがあるのです。

私も何年か前に作ったものから、メッセージを受け取ることもあり、
過去・現在・未来・全てを包括した次元がそこに表されているなあ・・・と感じることもあるのです。

マップとみんな会議の中で出てきた「自分の無意識の呟き」をこれからも大切にしていってくださいね。

それでは今日も楽ちんぷぅに素敵な1日を!

M’s essenceのメニュー
名古屋開催

個人セッションの詳細・ご予約はこちらから

各種セミナー・ワークショップ

《クリエイティブカフェ》アロマ&マインドフルネスワークショップ
京開催
現在の募集はありません。
無料メルマガ
「本来の自分に戻る 楽ちんLifeレッスン」
ご登録はこちらから
ダウンダウンダウンダウンダウンダウン