Session & Seminar

感情の奥に眠る小さなギフト

丁寧に感情に寄り添っていくと、
その奥から小さな幸せな記憶が蘇ってきます。

すると、その人本来の「らしさ」戻り、内なるパワーで動いたり
逆に止まってみる事も出来るようにもなります。

小さな頃の記憶があまりないと言っていた方や
イメージは苦手という方の多くに抑制したままの感情が残っている事があります。

それを開放していくと、不思議と記憶は戻ってきます。

以前はネガティブな記憶が多かったという方も不安や恐れのない幼い記憶が浮かんでくるようになります。

心とは本来は素直なので私たちが要らない感情に気づいてお掃除すれば
元の自分にちゃんと戻っていくのです。

閉じ込めたり蓋をして見ないようにしようとしていた感情は
気づいて欲しいので「今ここ」に何かを起こします。

それを「問題が起きている」と思いこみ、感情に支配されて振り回されると
本質を見失い『問題だと言う思い込み』に支配されてしまいます。

その緊張を緩やかに解いて自然な形で溢れる言葉でゆっくり表現していく。

自然にふわりと浮き上がる思いを1つ、1つ、丁寧に・・・。

言葉が出てこなければ、それでもいい。
感情は他にも表現方法を知っているからそれに任せてみる。

するとあるところから何かが静かに変わり始めます。

それはそこまでの流れとは明らかに違い、
私はそれをいつも音(声)や体の動きのエネルギーで感じ取ります。
その人の中にある大切にしまっていた記憶の断片が静かに語られ始め
その情景、言葉の中には忘れたくない自分の宝物を思い出すヒントが必ず隠されています。

それは最近フッと思い浮かんでいた事だったり
以前から何度も浮かんでくるものだったりと
いわゆる直感として現れていますが
気付かないうちはスルーしている事が多いのです。

何故かそれが過去の事でも今ここの問題と面白いようにリンクしています。

そしてここで初めて何を意味していたのかが分かる時に
やっと人の体の力は抜け始めます。

力は抜こうとするのではなく
心の奥に寄り添って、気づくだけで自然に抜けるもの・・・。

あ〜そう言う事だったんだ・・・それでいいのです。

そうなると不思議と皆さん、今まで問題だと思っていたことを

「どうでも良いこと」
「成るように成る」
「流れに任せてみよう」と面白いように意識は変わります。

そこから本来の自分のエネルギーが初めて顔を出し始めるのです。

そう考えると、私たちは他の何かになろうとしたり、他の何かのままでいようとして
日々無意識に必要ないエネルギーを使いすぎているのかもしれません。
(セッションで力が抜けると、その後に強い倦怠感が現れる事があるのはそのためです)

どなたの心の奥も結構どんと構えています(笑)
穏やかでしなやかな思考に戻るからです。

そして個人セッションが終わると、自分もまた力が抜けている事が多いのです(笑)

この春から、海外在住のクライアントさまとの個人セッションが少しずつ増えてきました。

国が違うのにご紹介やご縁を頂けることに本当に感謝の毎日です。
今や、時差さえクリアすればどの国の方ともご縁を頂ける通信技術向上もありがたいことです。

そして私が行ったことがない国ばかり!

仕事が終わって力が抜けて
「あ〜あの国にも行ってみたいなあ〜」と旅人魂が揺れるのを感じています(笑)

それでは今日も楽ちんぷぅに素敵な1日を!

 

M’s essenceのメニュー

名古屋開催

個人セッションの詳細・ご予約はこちらから

各種セミナー・ワークショップ

京開催
大阪開催
4/23 満席→1席増席しました!
無料メルマガ
「本来の自分に戻る 楽ちんLifeレッスン」
ご登録はこちらから
ダウンダウンダウンダウンダウンダウン