My Lifestyle

導かれるままに・・・。

最近、自分の中の余計な力を抜けば抜くほど、
人は何かに自然に導かれ、必要な物を全て受け取れると感じることがとても多くなりました。

今回の長野への旅も何かに導かれているとしか思えない不思議な時間でした。

そもそもその始まりは長野へ行く前日に指定席を取りに緑の窓口へ行った時からだった様な・・・。

担当者の方が

「それならお得な切符がありますからこちらにしておきますね」と。

その切符にはバスのフリーチケットが着いていて、何処を観光しようと思っているのかを聞いてくださった。

「善光寺に行く予定なのですが、一泊なのでそれ以外は特に考えていませんでした。」と答えると

「このバスのフリーチケットなら戸隠もいけますよ、長野から1時間ぐらいかなあ」と担当者。

『戸隠?』

 

この言葉に「戸隠に行っておいで」と言うことねと感じ取った私。
長野2日目はゆっくりと戸隠を歩くことにした経緯はこんな窓口でのやり取りからでした。

これも、機械的に言われた切符を出すだけの担当者の方とだったら、
往復きっぷを買っただけで終わったでしょうから
こんな小さな出会いにも何か導かれているなあと感じるのです。

翌日は朝食後に早めに善光寺参りをしに散歩に・・・。

歩道を歩いていると、反対側の方からエネルギーに引っ張られる感じがして目を向けると何やら祀っている祠がありました。

「呼ばれている」と感じたので横断歩道を渡って行ってみたら・・・

 

 

 

 

そこは素盞嗚尊を祀った場所。

「そう言えば、戸隠の神話の物語の最初はあなたですね」と思いながら手を合わせ、

「これから行ってきます」とお伝えし、て善光寺参りをした後、いざ戸隠へ!

冬場は奥社まで入れないため、中社で下車。

 

 

 

 

 

まずは中社にご挨拶、社よりも滅多にお目にかかれない氷柱の美しさに目を奪われる(笑)

 

中社の後は下って火之御子社へ神道と呼ばれる雪道を歩くことにしました。

「晴れの国岡山」の出身でスキーもしない私から見ると経験のない雪の道を歩む時間となりました。

 

 

本当に誰もいない雪道。

 

 

 

 

 

 

静かで風もほとんど吹いていないので鳥の声も静まると

『音のない世界』が広がります。

 

思わず足を止めて目を閉じてその空間に身を委ねていました。

自然と身体の輪郭を失い、自然と一体になり涙がスーッと溢れ出て
何かわからないけれど大いなるものに包まれている感覚。

遠くに鳥の声が聞こえると、ハッと我に帰る。

それでも、鳥の声は微かですぐにまた音のない世界。

 

この空間に身を置いていると、自分の毎日がいかに雑多な音に囲まれているのかに気づきました。

多くの情報と同じように様々な音にも知らず知らずに影響を受けているかもしれません。

 

そしてこの雪の神道は愉快な道でもありました。

歩んでいると突然雪の壁!!!

 

 

 

 

えっ?前に進めない?道がないよ・・・これ登るの?と歩みを進めると

 

壁の前に立つと横に道ができていて・・・(笑)

 

 

 

 

これ、よくセッションで出てくるイメージね!と思いながら
誰かが歩んで作ってくれた道をありがたく進む。

時に日が差すと雪肌が七色にキラキラと輝き景色が一変し言葉にしがたい美しさ!

 

 

 

 

 

瞬間瞬間光は動きを見せ、自分の目で「今この瞬間」味わえることにまた感動がこみ上げる。

そして手付かずの一面の雪景色に息を飲み、また静かに佇む。

 

 

 

 

 

歩みを進めながら、次から次へと自分の目に飛び込む景色に心はどんどん洗われていく感じ・・・。
そしてこの空間を一人で味わう贅沢さ・・・。

 

 

 

 

道はとにかくまっすぐ続き、時に足を深く取られながらよろけたりしながら
雪の神道を歩んでいると自然と笑みが溢れるから不思議です。

 

 

 

 

 

そしてどれくらい歩いたのだろう?もう時間の感覚もなくなった頃火之御子社の社が見えた瞬間、
突然風が吹いて木々が揺れる音がし始め

なぜか、拍手や歓声に聴こえ不思議な感覚に陥入りました。

そしてその不思議な感覚はそれからも続き社の裏側にある杉の木に呼ばれ、そっと手を添えると「おかえり」と聞こえ

「おかえり?」よくわからないけれど(笑)「ただいま」と返す。

 

そしてまた元の道に戻り、歩みを進め最後は宝光社へ。

この時も社が見えて「着いた!」と思った瞬間、また風が吹きはじめ、
木々に積もった雪が落ちてくるのではなく舞うように降ってきて、
それに光が当たりキラキラした光が舞っているような美しさ!!!

ここでも「いらっしゃい」と言われているような不思議な瞬間を味わいました。

ここには天表春命(あめのうわはるのみこと)が祀られているらしく女性や子供の守り神とのことで
私の携わりたいこととリンクしていて、ここに導かれたのが偶然ではない気がしています。

 

 

 

 

そして境内から急勾配の階段は、雪の斜面となっていて足を置く場所もないので
手すりにつかまり滑りながら降りるというお笑い付きの最後(笑)

参拝を終えてふと時間を見ると2時間近く歩いていました。

そして次のバスまで1時間待ち時間があることを確認。

少々疲れてどこかで暖を取れてコーヒーでも飲めたらと歩いていたら
思った通りの看板が目の前に現れ(笑)

 

 

 

 

しかも自家焙煎なんて嬉しすぎる!

お店に入ると薪ストーブまで!!!

あったまります〜!

 

 

たくさん歩いたのでプリンもおまけ(笑)

 

暖かい空間と香り高いコーヒーと甘さ控えめのプリン。
窓からは美しい景色が見えて最高の待ち時間を過ごせました。

 

 

 

 

 

帰りのバスの中から、ふと空を見上げると青空にくっきりと見えるデイムーン。

最後にお土産をもらった気分でした。

「この瞬間を導かれるままに味わう旅」

多分、2度とない最高の時間でした。

 

 

 

M’s essenceのメニュー
名古屋開催

個人セッションの詳細・ご予約はこちらから

各種セミナー・ワークショップ

《クリエイティブカフェ》アロマ&マインドフルネスワークショップ

<グループセミナー &個人セッションの総合コース>
クリエイティブライフ継続コース平日クラス》1月30日開始

《クリエイティブライフ継続コース土日クラス》2月2日開始

大阪開催
現在予定はございません
無料メルマガ
「本来の自分に戻る 楽ちんLifeレッスン」
ご登録はこちらから
ダウンダウンダウンダウンダウンダウン