My Lifestyle

流れとお試し、そして諦めない事。

香港旅行から一転、一泊二日で琵琶湖へショートトリップ。

香港行きを取りやめたのと時期を同じくして
私がFBにある写真を投稿しました。

それはソウルビジョンマップの写真で
継続セミナーのある方のマップに「ひこにゃん」が貼ってありました。

これは確か今年初めのシェア会でも私が気になっていて
「なんでひこにゃん?」と質問をしていたような・・・。

このひこにゃんにある方が反応してくださりコメントをくれた事がきっかけで

「あ〜〜〜っ!そうだ竹生島に行きたいと思いながらすっかり忘れてた!」と
やっと思い出せたのです。

香港行きをやめた後に何処か近場で一泊しようと計画していたので
琵琶湖を提案しようかと思っていたら・・・

夫から、「21日に琵琶湖のホテルとったよ!」と何も言わずとも
お願いしようとしていた場所を押さえてくれたというラインが!

す、すごい!

2015年夏に江ノ島弁財天、2016年夏に広島の厳島弁財天
2017年には琵琶湖竹生島弁財天に訪れるはずが、

2017年はブータン、タイ、ベトナム、台湾と海外を回っていて
すっかり忘れていました(汗)

しかもこの連休は台風接近という面白い流れ。

でも旅行中は雨は一切降らずやっぱり導かれてるときはこんな感じね。

今回面白かったのが竹生島に行こうとしてからの展開!

竹生島にはいくつかの場所から観光船が出ているのですが、
ホテルから一番近く、船のデザインで素敵で「乗りたいなあ〜」と感じたのが
彦根港の「井伊の赤備え」をモチーフにした『直政』という特別船!

ところが、朝になって急に夫が乗船時間が短いから長浜港にしようと言いだし
いきなり行く方向を変えてしまった!

し、しかし!

実際に夫が推す長浜港に着いたら

「今日は台風の影響で欠航」とまさかの展開(汗)

夫はすぐさま、「またくればいいじゃん」と諦め早く
長浜城の方面に散歩を始めたけどなんだかモヤモヤする。

「また来る?」

「いや、無い。」

「そもそも急に長浜に変えたのはあなたよ!」(多分彼は行く必要なかった)

竹生島を思い出してからの流れを振り返ると「ここで諦める?」と思い直し、
彦根港からの船があるんじゃない?と食い下がってみた。
(ここ、いつもならすぐ諦めるとこ)

夫が渋々彦根港に電話してみたら
11時発の便は出港予定でこちらも午後からは欠航になる予定だと!

その時既に10時37分、長浜港から彦根港は車で調べたら約20分。

『間に合わなくてもいいから行くだけ行く!』と私が宣言!

カカア天下の一声で「車急いで取ってくる」と夫が走りだした!(笑)

「乗船時間が少ない方が時間が得」なんて変な計算するから流れが狂うのよ〜
思考であれこれ後で考えると本当に面倒!

流された私も私だけど、「あとは夫の脚力に賭けよう」(笑)

彦根港までは信号が少なく一回しか赤信号にかからず
ターミナルに一番近い場所に車を停められたので出港2分前に到着!

「この為に琵琶湖まで来て行けない筈がない」と思い直せてよかった。

おかげさまで人も少なくて、雨にも降られずのんびりとお参りもできました。

今回のように時々メッセージを自分で受け取るのではなく
何かや誰かを介してやってくる事は今までも何回も経験していたけど

ソウルビジョンマップと投稿からこのタイミングで受け取るとは!

ひこにゃん貼ってくれたTさん、ひこにゃん好きのKさんありがとう。
やっぱり「ひこにゃん」は長浜じゃなく「彦根」だよね!

そして船のアクシデントは「諦めない」というお試しだったなあ〜と。

自然の流れに委ねながらも、生きてる間はお試しもセット!

私の反省としては長浜港に行こうとした夫に
「いや、あの赤い船に乗りたいから彦根がいい」と即座に言えなかった事。

この辺、まだ夫に流されやすい自分を感じる。

ま、でも今回も思わぬ展開から行きたい場所に行けて
温泉にも入れ、ずっと食事は美味しいものに恵まれてたし
ショートトリップにしては中々面白い旅でした!

そしてふと思ったのが、この旅は
観光船、ひこにゃんの兜、弁財天のお堂、部屋のソファー、私のスカートも全部「赤」

これぞまさに「井伊の赤備え⁈」

メニュー

*個人セッションの詳細・お申し込みはこちらから

*無料メルマガご登録はこちらから