My Lifestyle

本能のままに動いてみよう

先週末、あるワークショップで即興劇を初めて体験した。
実は前から受けたかったけどなんだかピンとこず迷ってた。

そうする内に日々の中に流されて忘れ去っていた。

でも、昨年末辺りから日常にメッセージが溢れかえる状態で
次々と現実が動き始め、そうする内にふとワークの事を思い出した

あ〜この「ピンとこない」は思考の言い訳だ!とわかり

何気に調べたら、なんと2日後にワークがあることがわかった!

その気づいた時の状態がまた笑える。
朝ドラの再放送を観ながら、八郎沼にハマっている最中に思い出し
沼にハマりながらも調べて、空席確認のメールを送っていた(笑)

「後にしとこ」と思ったらエゴにしてやられる。
そう気付いた瞬間に体は自然に動いていた。

すると、ちゃんと席はあり閃き通りの展開になっていく。

さて、ワークでの即興劇はもう最高に緊張したし不安も恐れもあった。

5人グループで5個のキーワードだけの状態から15分程度で登場人物やストーリを作り上げてそれを演じる。

他の2つのグループはもうリハーサル的に動きを入れながらセリフを言い合ったりしていたけど、私のグループは配役と大筋しか決まってなかった。

でも「はい次」と言われたらもうやるしかない。

タイトルを聞かれてもそれすら決まっていない状態からスタートだった。

そして何故か主役は私(笑)

「あ〜どうしよう」から「よし!」と覚悟を決めた瞬間にチャンネルが変わった感覚があり、自然と口からセリフが溢れ始めていた。

他の役の4人のセリフもぶっつけ本番とは思えない素晴らしい言葉の数々で、そのセリフにもう考える間もなく次の言葉が溢れてくる不思議な世界。

本当は1〜2分の寸劇で良いのに結構な長編作品になってしまった(笑)
セリフを繋ぎ、紡ぎ、夢中で動いてたけど実はもう良く覚えていない。

でもよく考えたらあの時間の中にたくさんメッセージがあった気がする。

メンバーのセリフにドキっとする場面も多く、その即興劇自体が私の人生に何かを投げかけてくれている感じだった。

『なんの準備もいらない、自分の中に必要なものは全てある。
心を開いて自然の声に耳を澄まし、ただ前に進め。
動いていく内にわかってくることがある、自分の役目に集中して
今できることをやって行け』

こんな感じかな?

あれ?この前のアナ雪2とすごく似てる(笑)

そしてこの体験を通して、ぶっつけ本番に異常に強い自分を再確認!(笑)

瞬間、瞬間、頭が空っぽで次から次へと人から出てくる言葉やエネルギーを繋ぎ紡ぐことの面白さ!

これはいかん、ハマる!

しかしエネルギーはかなり使うので帰りはヘトヘトで夕食も外食にしたら
10何年ぶりに訪れたレストランで、ある方にバッタリ再会した。

そして話の流れから即興劇のメッセージと同じ様な話をその人ともしていた。
タイミング良すぎる(笑)

受け取ったものをまた必要な人に渡していく、それが自然な人生の流れ。

心の流れに沿っている人とはちゃんとタイミング良く会えるし、必要なものを感じたりgive&takeできるよね。

時々個人セッションの中でも即興劇に似た事や体を動かしながら言葉を紡ぐことをやってもらうことがあり、本能のまま自由に動き喋っている姿を見て「私もこのセッション受けてみたい〜」って思うことがあったけど、叶った!

本能のままに動くって楽しいね〜。

そしてここで受け取ったエネルギーがまたどんな風に熟成していくのだろう・・・。


<M’s essenceのメニュー>

個人セッションはこちらから

アロママインドフルネス・クリエイティブカフェはこちらから 

クリエイティブライフ継続セミナーの詳細・お申し込みはこちらから 

ソウルビジョンマップ1dayセミナーはこちらから