My Lifestyle

全てに感謝

父が来週から検査入院することが決まった。

年末に帰省時に父と会話しながら一瞬鼻を突く異臭がした。

ひどい鼻声も気になったので聞いてみたら
慢性副鼻腔炎が悪化して12月に入り耳鼻科に行って来たと。

その後、父とそばで話をしてもその臭いは全く感じられなかったけれど、あの一瞬の嫌な感覚が頭から離れず父にもらっている薬を見せてもらった。

ロキソニンが1日3錠内服と指示が出ていたのが引っ掛かった。

父のことだ、痛みが減ったら治ったと思い込み通院をやめるだろう。
これは根治じゃないからなぁ。

耳鼻科で処方されているロキソニンはあくまでも痛み止め。

これで治ったと勘違いしたら悪化の原因になるので、
自分の体を大切にして欲しいしからもう一度年明けに受診して欲しいと伝えた。

薬のことをきちんと説明すると、病院嫌いの父も納得してくれた。

そして年明けの受診で私の予感は現実となった。

耳鼻科の主治医から総合病院への受診を勧められたらしいが、案の定拒否モードで母を困らせていた。

その話を聞き、「あ〜ここはちょっと覚悟して伝えねば」と私の気持ちを素直に率直に伝えた。

すると意外に受け入れてくれ少し態度は軟化したけど、
CTやMRIも以前拒否して帰って来たことがある人なので(笑)

まあ『できることはやったから、あとは見えない存在達にお願いしよう』と思い直し、私ができるのはここまでだからあとはよろしく!とお願いして寝た。

そうしたら、翌日驚くことが起きた。

もう定年して15年ほど経つけど、当時働いていた頃の部下Mさんが突然実家に来たと!

年明けに父と会った別な部下の方が、父の覇気の無さが気になったと Mさんに連絡してくれて、そこからMさんがわざわざ顔を見に来て下さったのだ。

そして父と話して総合病院への受診を勧めてくれたらしい。

流石の父も私の話の翌日に可愛がっていた部下が突然現れて同じ話をしたのだから、きっと何か心には響いているはず。

そして総合病院の耳鼻科に受診したらPET検査と血液内科を紹介されたと母からメールが来た。

あ・・・悪性リンパ腫か。

残念ながら医療者なので検査と受診料である程度予想はつく。

そして今日、PETの検査結果を聞きに血液内科へ、そして来週から確定診断のための検査入院が決まった。

考えてみたら、本当に父の人生は大変だった。
信頼していた友人の保証人になり順調だった事業を手放すことになった。
今に置き換えると一億円位の負債を背負っても抵当に入った家を手放すことなく全額返済し私たちを育て上げてくれた。

かなりストレスフルな毎日だったろうに
よくここまで大きな病気一つせずに元気でいてくれたことにまずは感謝。

そしてあの一瞬の異臭をキャッチできたことにも感謝。
(これは日々の仕事で皆様から感覚を磨く機会を頂いているお陰)

また素晴らしいタイミングで父に会いに来てくれた昔の部下の方にも感謝。

そして今日、実は主治医の説明に私もテレビ電話で入る予定だったけど
待てど暮らせど連絡がこない。

母にラインしても既読にもならず、ちょっと心配して電話したら

「あら、いいタイミング!今、家についたよ〜」と母(笑)

「ずっと電話待ってたのに・・」と伝えたら

「もう入院になったからいいかと思って」とすっきりした声。

話を聞くと、主治医の先生が本当に穏やかで良い方で助かったと。

そして主治医の先生のお名前を確かめたら・・・。

先週私がこの先生だったら良いなあと思った方だった。
そして先生の話をする母の声から「あ、この先生でOKだ!」と感じた。

しかも私が先生に伝えたいと昨夜母に話していたことを全部母が伝えていた。

昨夜はあんなに不安そうだったのによっぽど良い先生だったのね。

こんな出会いや部下を動かしてくれたのはきっと見えない存在達のお陰だね・・ありがとう。
(実は私たちは無意識に存在達に動かされていることが度々あるのです)

これから検査や確定診断によってどんな流れが来るかわからない。
ここから一番大変なのは父だけど、寄り添う母のストレスも大きいだろう。

でも離れていても淡々と「今できることを一つ一つ」

最善を尽くしたらあとは存在達に「I NEED HELP!」と頼ろう。

そして起きること全てに感謝・・・これからも。

 

<M’s essenceのメニュー>

個人セッションはこちらから

アロママインドフルネス・クリエイティブカフェはこちらから 

クリエイティブライフ継続セミナーの詳細・お申し込みはこちらから 

ソウルビジョンマップ1dayセミナーはこちらから(残1席)